1990年1996年
                              (平成2年〜平成8年)
                          まこと&かよこの山日記                 


1990年(平成2年)              
   狭口の親睦会の皆さんが毎年ツアーで旅行をしているようだが、この年富士山登山と石和温泉の
   旅行を計画したが、人数が足りないと言う事で誘われて参加した。

   結局この富士山登山が、登山再会のきっかけとなり、私等夫婦が一緒に登る「日本百名山」登頂の
   第一歩となるとは考えもしなかったが、結果として記念すべき出発となった。
                           
山   名 適         用
粟 ヶ 岳
ハイキングコース
 富士山登山に向けて2回ほど足慣らしをする
20〜
21
富 士 山  狭口のツアーに誘われて参加、この時、私等二人の百名山の出発になるとは
 思わなかった。  同時に登山再開のきっかけにもなった

 7合目の小屋に泊まり、早朝日の出を山頂に見るために出発、ガレ地でジグザグの
 登山道を、一歩一歩山頂に到着、真夏だが寒くて長く居る環境でなかった記憶がある。
 



1991年(平成3年
   この頃は、仕事に集中し、土曜日の日曜日もない毎日であったが、時間を見付けて気ままに登山して
   見たいと思いながらの登山であった。
                                      
山  名 登頂者 適         用
八十里峠越 ま・か  八十里峠推進調査班に参加
27〜
28
鳥 海 山 ま・か  市民登山に参加、54名山頂小屋超満員。28日ガス
29 湯ノ平温泉 ま・か  暑い盛り、避暑と温泉に。  
16 谷 川 岳 ま・か  A9:00家出発、天神平12:00−頂上2:00
22 磐 梯 山 ま・か  裏磐梯峠登山口より 
11 八 海 山 ま・か  時間が無かったので途中で引き返す  


1992年(平成4年)
  この年も、仕事に集中していた年であり、誘われてたまに出かけていた。
                          
山   名 登頂者 適         用
16 角 田 山 ま・か  稲島登山口
6〜
後立山縦走 近藤・高  浄土山-雄山-大汝山-別山-雷鳥沢-室堂に。
 一ノ越山荘泊る。雄山はガス。
12 菅 名 岳 近藤・高  小山田階段コース
21 唐 松 岳 ま・か  前泊し、唐松岳に登る。頂上まで3時間40分


1993年(平成5年)
   少し仕事にも気持ちにも余裕が出て来たようだが、結構女房は友達と登る回数が増えた年であった。
   念願の8m/mビデオを購入し、山の撮影をしてくる。
                        
山   名 登頂者 適         用
角 田 山 ま・か  五ヶ峠コースより
16 粟 ヶ 岳 近藤・か  晴れて雪の量もありクレパスもまだ大きく見事  
16 五 頭 山 ま・か  沢登で頂上まで、翌日疲労でぎっくり腰、サラシを巻き付けロシアに
光 明 山 片・か  前光明迄
浅 草 岳 片・か  ネズモチコースを登りサクラゾネコース下山  
23 俎 倉 山 ま・か  沢を左折せず直進し、コースを間違える。
雨 飾 山 近藤・高  家A4:00発 頂上でのんびり
19
〜21
白馬三山 近藤・高  家A4:00発 頂上で一泊し、翌日鑓温泉から下る。
 翌日朝晴れたが後ガスから雨になる。
守 門 岳 片・金・か  A8;30出発、頂上まで3時間
12 平 標 山 近藤・高 長谷川  A5:00家出発、林道コース頂上迄2時間
18 宝 珠 山 どんぐり  コーラスグループ8名で山頂迄登る
21 御神楽岳 ま・か  8:00家出発、湯沢の頭迄もっと早く出なければ山頂迄行けない
27 大 蔵 山 片・か  この頃片桐さん山に燃え始める
10 27 焼   峰 片・金・か   
11 尾   瀬 近藤・高  三条の滝〜尾瀬ヶ原長蔵小屋まで、快晴で誰も会わない。
 銀山平満点の星空を仰ぎ露天風呂
入ったのが印象的だ。
12 宝 蔵 山 片・金
近・か
 前宝蔵迄で引き返す。


1994年(平成6年)
    北アルプス方面にも出向くようになった。無意識で百名山の一部も登り始める。 
                             
山   名 登頂者 適         用
19 角 田 山 ま・か  五ヶ峠コース
八 木 鼻 ま・か  八木鼻の上には登った事がなかったのでこの日上がってみた     
15 角 田 山 片・金・か  灯台コース
29 大 峰 山 片・金・か  
俎 倉 山 ま・か  この日は間違えることなく山頂に
14 木 六 山 金・近藤・高  3時間で山頂に
27 宝 蔵 山 ま・か  橋立より
28 日本平山  近藤・片 金・か  4時間歩き山頂手前で引き返す
12 二王子岳 近藤・片か
13 安達太良山 ま・か  途中、ロープウェイを利用し、山頂に登る。
18 平 ヶ 岳 矢・大・番
片・田・か
 短縮コース2:20分卵石で引き返す
20 護摩堂山 ま・か
22 北   岳 近藤・高  21日広神に用を足し、夜広河原に、22日北岳肩の小屋、翌日下山
21〜23 白 馬 岳
    唐松岳縦走
近藤・高  二十歳の頃、逆コースを縦走、不帰ノキレットの怖さの印象はなかったが、
 今回は厳しさを実感。よくこんな所をキスリングを担いで降りたものと振り
 返り感心。若さとはも改めて実感す。
白  山 金・高  
10 24 磐 梯 山 金・裕・か  裏磐梯より、2:10分で頂上に
27 巻 機 山 ま・か  家6:45出発、頂上まで3:45分
11 粟 ヶ 岳 ま・か  頂上まで3時間


1995年(平成7年)
   この頃は、まだ主に空いている休日を利用しての登山であった。
山   名 登頂者 適         用
角 田 山 ま・か     
29 白  山 ま・か  白山山開きに
粟 ヶ 岳 近藤・ま・か  加茂水源地〜下田下山
27 二 王 子 片・ま・か  あまり気が進まなかったが、出かけるが、山頂にはやっと辿り着く
火 打 山 ま・か  天狗の庭迄、花を見て下山する。
23 守 門 岳 ま・か  二分登山口
30
8/1
唐松岳島槍ヶ岳 近・高  午前3時家出発、遠見尾根から五竜岳直登の予定が、工事中のため
 八方尾根から唐松岳〜五竜山荘に泊まり、翌日鹿島槍ヶ岳に登り、
 種池山荘泊まりで下山する。
17 焼 峰 山 近・金・高  滝谷口から登る
19 守 門 岳 ま・か  保九礼より大岳−青雲−守門岳に登る
25 湯 ノ 平 ま・か  この頃思い出しては湯平温泉に足を運んだ。この時55分で。
10 木 六 山 金・片・か  暮坪よりグシノ峰で引き返す
24 荒 沢 岳 ま・か  朝6:00に家を出る。台風の影響でフエーン現象で前蔵までと思ったが
 女房は頂上目がけて進み止む無く歩く、ガスで山頂が見えず。
 あのピークで止めようと云って着いたピークが山頂であった。
10 至 仏 岳 近・高  鳩待峠から至仏岳に尾瀬ヶ原が一望、登りも適度で良い山であり再度
 訪ねても良い山の一つでもある。
10 会津駒ケ岳 近・高  A5:00家出発この頃、付き合い酒で何時も二日酔状態で車に乗せて貰い山に。
 この時も登りはきつかったが、景色が良くなる頃からようやく本調子に。
14 御神楽岳 片・金・高  A,6:00家発、登山口7:50、高頭迄で引返す。山頂迄はこの時間では無理だ。
27 浅 草 岳 金・か  金子旦那も御神楽岳に続き一緒。サクラゾネコース往復する。
11 米   山 近・高  林道最短コースを登る。帰りにムラサキシメジを沢山見つける。
 13 権ノ神岳 片・金・か  頂上まで3時間35分で。


1996年(平成8年)
     一年に何回か遠くの山にも出かけるようになった。
                            
山   名  登頂者 適         用
29 角 田 山 金・高  灯台コース
国 上 山 近・高  まったくの低山だが、良寛庵、国上寺と史跡の組み合わせは価値がある。
角 田 山 近・高  桜尾根コース
29 白  山 近・か  白山山開き、晴れて多くの人が登っていた
  大 蔵 山       〜菅 名 岳 近・高  晴、大倉山〜菅名岳迄縦走し、どっぱら清水から駐車場に
光 明 山 ま・か  残雪が多く、危険箇所あり、無理せず撤退する。
17 宝 蔵 山 金・高  前宝蔵直下夏道はまだ残雪、新しい熊の足跡あり慎重に進む
25 二王子岳 近・か
粟 ヶ 岳 ま・か  大股沢から七頭に登り粟ヶ岳山頂に
弥 彦 山 金・裕・高  この頃弥彦山は、息を切らせてやっと登る状態だった。
23 蔵王・熊 野 岳 バレーG  蔵王旅行でせっかくなので熊野岳まで歩いた。結果歩いておいて良かった。
29 粟 ヶ 岳
ハイキングコース
ま・か  イワカガミが咲きほころんでいた。
八十里峠 片・高  289国道促進既成同盟会主催の行事に参加する
14 浅 草 岳 金・近・高  桜尾根を登る
27 妙 高 山 金・か  燕温泉6:10-10:15頂上12:05-燕温泉着16:05
谷 川 岳 金・片・か  天神平より登り2時間、下り1時間半
25〜
26
燕岳・大天井岳
常念岳
近・高  暑い日だった。燕山荘までようやく辿り着き、泊まる。翌日ガスの常念岳に登り、
 一挙に下山する長い下りであった。
16 月  山 近・金
片・高
 日帰りで紅葉の月山に登る
28 茶 臼 岳 近・高  百名山の一つであり、比較的簡単に登れて、且、眺め抜群だ!
10 燧 ヶ 岳 金・片・高  御池から登り尾瀬ヶ原急登コース下山、沼山峠に出る
10 光 明 山 金・か  登山開始9:00-下山15:30
11 10 粟 ヶ 岳 ま・か  体調不良で5合目にて引き返す
12 22 粟 ヶ 岳
ハイキングコース
ま・か  快晴で雪のハイキングコースを、東屋まで登り40分、下り10分
27 角 田 山 ま・か  稲島コース、登り50分、下り30分
29 角 田 山 ま・か  湯の越コース、登り40分、下り30分