竜ヶ岳
1,485m

登頂日 2017年3月19日 天気
登頂者 私等夫婦


3月3連休の天気予報は珍しく晴マーク!

山頂からの富士山を眺めたいと思って3回目の竜ヶ岳を目指す。

1回目は夕暮れにて中腹で引き返し、2回目は晴予報がガスとなり、
今回は間違いなく山頂からの富士山を見れると期待する。

午前4時35分自宅を出発し、10時10分本栖湖登山口駐車場に着くと
既に10数台の車が停まっていた。

もう下は雪は消えたと思ったら、昨日の夕方、新潟の雨はこちらでは雪となったようだ。

靴は重登山靴と鋲長靴、そしてカンジキ、アイゼンを用意したが、
今日の状況と過去の経験から鋲長靴を履く事にした。

車の中で早昼食を取り11時山頂を目指して歩き出す。


キャンプ場を通り抜け標識に沿い登山口に向う。




11:16、登山口


歩き出しは体が重く、九十九折の登山道をゆっくり登ると
右前方に竜ヶ岳のピークが見えて来た。


10:45、展望台に着き富士山の姿を撮る。
スカッ晴を期待したが霞が・・・・3月半ばになれば止む無しか!


休まず山頂を目指し時々振り向き富士山を眺めながら登る。


雪解けで登山道泥濘状態、一部雪もあるので鋲長靴で正解!


12:08、石仏が祀られ展望台がある東屋に到着。


今日の富士山は霞んだ姿のようだ。


石仏をお参りして山頂を目指す。


高度を上げると富士山の姿がだんだん薄くなる・・・


山頂手前の本栖湖湖畔に出る登山道分岐。


13:00、分岐から10分程で山頂に着く。


山頂からの富士山、


山頂で1時間少々ベンチに腰掛けお茶を飲み記念写真


14:07
山頂で一緒になったSさん夫婦が迂回コースを降りると言うのでご一緒させて貰う。

正面のピークは手前雨ヶ岳(1772m)と奥が毛無山(1964m)。


分岐の端足峠
 

富士山をバックに本栖湖側コースに降りる。
 

北斜面にて雪が大分付いていた・・・


高度を下げると杉林になり標識の確認が必要だ!






15:44、本栖湖湖畔に出る。



迂回コースなので時間も要するが、
Sさんの食事療法で進んだ糖尿病を克服した話を聞きながら歩く。

私も健康回復に向け食事療法を現在採用中、
その方法も類似しているので話が弾む・・・、時間を忘れながら下山する。



駐車所に着くと彼の車と私の車だけとなる。

お互いに健康に留意し、山登りを続けようと励まし誓い合いながら別れる。

私等は本栖湖湖畔の民宿「浩庵」を予約をしていたので宿に向かう。

「浩庵」手前の富士山をみるビューポイントで夕暮れ前の写真を一枚、
残念ながら霞で絵にならない。


翌朝、宿の2階からご来光が見れた。


今日(19日)は金時山に登り富士山を眺めて見ようと・・・

充分時間があるのでのんびりとドライブ気分で
昨日登った竜ヶ岳を湖畔から眺めたり・・・

途中富士山の資料館に寄ったり、道を間違えたりしながらドライブ・・・



乙女峠手前の見晴台の公園でお昼を取ると既に13時が過ぎてしまった!

もう少しで金時山登山口だが、倅の所には夕6時到着の約束にて
金時山は断念し公園からの富士山を一枚撮り引き返す。

今日の状態では金時山からの富士山もイマイチ!
次に特に金時山は目指さなくとも、次いでの時があればと気持ちが変わる・・・




車で高速道を走り、18時に予定通り倅の家に到着し、
正月以来一緒の夕食とする。

「明日は何処の山?」「う~ん、天気がねぇ~」

「黒斑山か湯の丸山か太郎山か独鈷山・・・それとも車山?美ヶ原?・・・」

「明日の天気を見て相談しよう!」と言う事とし、
今日は早朝からの運転で疲れて珍しく夕食後8時にお休み・・・

今回の竜ヶ岳の登頂記録を編集しながら過去の記録を開いたら
最初に登った時の夕日の素晴らしい富士山の姿を見て
「これ以上望むべからず」で納得!


2016年2月24日の「竜ヶ岳」