我家の健康を育む
「やすらぎ菜園」

  


  我家の家庭菜園


     我家が菜園を始めてから過去に遡ると年限は定かではないが2~3坪の借地から始めて
    あれこれ30年前後になるのではと思う。

     現在は、耕作面積70坪位か?借りていた菜園は廻りに何人かの方も耕作されて居たが、
    高齢化に伴い私等が引き受け今日規模に至った。

     元来菜園での野菜つくりが好きなかよこが主で私は全くの脇役であったが、かよこが5年
    前に脳梗塞で再起したものの視力障害が残り車の免許は返上、自転車の運転も無理となり
    今迄と同じ行動・活動は出来ず、私も手伝い互いに健康の為の野菜つくりに励んできた。

     私も健康には自信を持ち続けて来たが、10年程前に前立腺がんがあると言われたものの
    数値は高くない為、私の判断と希望で「経過観察」として今日に至る。

  病気と向き合い野菜つくりに!
     しかし、昨年の5月に首筋に違和感を感じる。
     寝違いか首筋に無理を掛けたのではと考え様子を見たが、2ヶ月過ぎても違和感は解消
    しないので、ひょっとすると「ガン」ではと思い町のお医者さんに内視鏡の検査をお願いした
    ら、予期した通り喉の近い食道に「ガン」があると告げられた。

     私はやっぱり・・・と思ったが、3年前の検査では胃も食道にも異常はないのに予想以上に
    ガンは大きく先生もこの間検査は?と聞かれたが、3年前同じ先生にて検査は異常が無く僅か
    3年で大きな腫瘍が生じた事を考えると私も意外?!であった。

     しかも、発症した場所も芳しくない!
    先生は早速新潟ガンセンター病院に予約を取り病院での治療(手術)の手配をしてくれた。

     病院で検査をしても結果は変わる事は無い事を承知済み、検査結果と今後の治療方針は
    「抗がん剤治療・手術・抗がん剤&放射線治療」で入院は2~3ヶ月の説明であった。

     外科の先生には基本的に発症場所が良くなく手術しても生存率は極めて低く既に70歳を
    超えているので手術は希望しないと了解を得る。
     同じ病気で尊敬する山友は術後一年程で他界、同じく一昨年同じく尊敬する先輩は術後
    順調でまだしばらく大丈夫と思っていたら1年過ぎたら調子を崩し同じく他界した。
     私も進行度合いを考えると手術をしても同じ道を辿る割合は高く、一時「抗がん剤と放射線
    治療」に気持ちは傾いたが、この治療も思い直し、内科の先生には「緩和ケア」と了解を得る。

     振り返ると健康には気を使って来たものの自分の健康に過信し、食と生活も反省は多々あ
    り、食生活を根底から変える事の決意と・・・「死ぬまで元気に!という道を決断!する。

       ・少しでも長く孫達の成長を応援したい!
       ・少しでも長く子供達の子育てを応援したい!

     との気持ちから結果はどうあれ、病院生活より私は食生活を根本から見直し、現状の生活
    を選択する。

     その決意と決断をしてから丁度一年が経過をした。

     この間、課題は幾つか抱えたが好きな「山」にも登り「畑」も手伝い日常生活を送り、困って
    居る人の相談にも乗り応援する事も出来た。

     家庭菜園の野菜つくりのこの一年は、今、私が食べられなない野菜も美味しくさらに体に良
    い野菜を沢山と心掛けて野菜作りを手伝い、私なりに力を入れ楽しく作業を続けて来る事が
    出来た。

     よって我家の菜園は『健康を育むやすらぎ菜園』でもある。

     病気に触れると長くなるのでこの位にし、今後の結果はどうあれ、家族や子供達の参考になれ
    ばと、「ガンと付き合った一年の記録と残された私の人生記録」は残したいと思っている。



そこで我家の今年の菜園は、今迄有機のEM農法を基本としたが、
今年は新しい肥料・ミネグリーン(有機肥料)と卵殻の粉末を加えた。

昨年は今一のニンニクはまずまず、じゃがいも&玉ねぎは良し!
結果は追加肥料のミネグリーンが天候のお蔭か?

じゃがいもの後に大根をと思って肥料を入れて土を耕したら
17日の豪雨で土も流れ少し待てばだが結果論で止む無し。




課題は3年ほど前から狸がトウモロコシの収穫時期に先採りされる被害が出始めた。

     昨年は簡易的に網を張って凌いだが、
今年は春から単管を組み網を回し狸対策を強化する。

ここまで手間暇を掛けてどうかと思ったが、
せっかく育てて北海道の孫達も楽しみにしているトウモロコシ・・・

病気のガンとの闘いと狸との闘いも負けるわけにはいかない!

春から始めた作業は日数は掛ったが、トウモロコシが熟す前に扉を取り付けて完成!



22日一部収穫し早速クール便で北海道に送る!
 

せっかく頑丈な柵を造ったのでその柵を利用し周りの一角に
健康(ガン)にも有効と言われるオカワカメとゴーヤを植え成長を楽しみにしている。
  

これは「スカイポテト」ツルが高く伸び芋子を大きくした実が付く。
 

左・体に良いニラは相変わらず元気!右・9月に食べる枝豆そして冬迄食するネギ
 

左・サトイモでなかなか芽が出なかったが6割程芽が出てようやく成長を始める。
右は、オクラで考えると結構体に良い野菜を多種育てている。
 

にんじん、毎日3食食している人参は我家のメーン野菜のひとつだ・・・
右、大雨前にタネを蒔いたが無事芽を出し始めた貴重な人参。
 

右、そろそろ食べ頃を迎えた枝豆、
実が入りはじめたら烏がつつき始めたのでカラス除けの糸を張る。

右は、お盆過ぎに食する枝豆。
 

トマト、ミニトマト、ここも烏が狙っているのでカラス除けの糸を回す。
今の所大丈夫!毎日トマトを収穫し、我家の食卓に上がる。


キュウリは病気か?葉が白くなるが対策は竹搾酢を入れたが??
 

ナスも元気がなかったが、竹搾酢を入れたら少々元気が出て来たので大丈夫かな?
右は、
 

カボチャは元気!二株の10個以上は実が付いているようだ。
 

右のアスパラは4年目だがイマイチ!
もう一年は葉を繁らせ沢山肥料を入れ収穫は来年に期待する!

右もアスパラで友達が我が家のアスパラを眺め今年5株頂き植えたがしっかり成長させたいものだ!
 

近くの20坪ほどの菜園、ニンニクの収穫を終え秋の作付まで休耕・・・
手前はネギと菊、秋には見事な食用菊の花が咲くと期待する!



右・イチゴだが、5月に北海道に出掛け隣の人に熟したら食べてとお願いしたら
収穫前に無くなったとの事、隣のイチゴも同じ現象と聞き、これも狸か!

今迄この畑には狸は来なかったが、この畑にもいよいよ・・・か!

来年は対策を講じなければ、また仕事が増えた!
   

家庭菜園・野菜つくりもまさか?と予想もしなかった小動物や烏等々との闘いだ!
闘わず好きにさせ共存の農法もあると言うが・・・

ともあれ、畑の片隅に花を育て戦い農法でなく対策を講じながら
気持ちも和む農法であり菜園としたい。



暑い日が続いたらひまわりも太陽に向かって咲き始めた!

そうだ!私のブログ名は「ひまわりのように!」

言わんとする事は簡単だが、実際は簡単では無い!

けど、その言葉と目標とする気持ちは大切なので病気と向き合いながら

これから残された人生を意義あるものとしながら・・・歩み続けよう!




始めて具体的に私の病気(ガン)の事に触れました。

目標は「完治」だが、「現状維持」でも十分!

生存率の少ないガンにて病院生活を送らず
既に健康で一年経過したので第一目標はクリア!

次の目標に向かっては「人生楽しく!」が一番と思っている。

健康を育む「やすらぎ菜園」は私の目標達成の支えのひとつでもある